パソコンに仕事(株取引とか)を覚えさせて人生を楽しくする為の知恵

自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog

岡三RSS

2月までの成績まとめました

更新日:

神の数式研究所で公開しているトレーディングシステムの成績をまとめました

チョットご注意願いたいのは、
それぞれデータの取り方やパソコンの性能などもありますので、キッチリ下記の通りにとらえるのではなく
あくまで参考にして頂きたいと思います。

トレーディングシステムの2月成績


■マーケットアナライザー225
2月  +680円幅(Mini10枚の取引の場合 +680,000円)

2015年 +2,310円幅(Mini10枚の取引の場合 +2,310,000円)

詳細はここにあります
■プラトントレーディングシステム
2月 +395円幅(Mini10枚の取引の場合 +395,000円)

2015年 -75円幅(Mini10枚の取引の場合 -75,000円)
■アイザックレーディングシステム
2月   +125円幅(Mini10枚の取引の場合 +125,000円)

2015年  +50円幅(Mini10枚の取引の場合 +50,000円)

詳細はここにあります
■NT倍率を使ったサヤトリ投資法
2月成績    +10円幅(Large1枚セットの取引の場合+6,040円)

2015年成績  +110円幅(Large1枚セットの取引の場合+106,140円)

(両建てなので手数料計算済み)

詳細はここにあります

システムトレードは我慢が必要
でも、そんなトレードじゃダメなんじゃ?

実際のトレードで私が全てこの通りにやってる訳ではありません。
私自身はマーケットアナライザー225がダントツにいいので、これが主力です。

かといって、朝から晩までサインに従ってるわけではなくて、
外出先ではiPadなども活用しながら取引できる時に取引しています。

「ダントツにいい」というのは判定能力の高さもですが、
それまでトレードは粛々とサインにしながってとか
ガマンしなくちゃとか、
メンタルが・・みたいにストレスが多い作業でした。
私にとってはトレード=ガマン&苦しいことが多かったのですが、それがウソのようにトレードが楽しくなった

ことが、マーケットアナライザー225を使うようになって私にとって一番の変化です。

トレードなんぞで、ストレスが多いのは決していい事じゃありません。

私は「システムトレード」を長く開発し実践してきましたが、
システムトレードは楽チンどころか、この上なく忍耐を要します。

(、、って経験ない人もやってみれば解ります)

マーケットアナライザー225はシステムトレードとは少し趣が異なります。

このアルゴリズムは1分足でも、3分足でも、60分足でも日足でも有効性があります。

トレードシステムというより、
もう少し普遍性のあるマーケットのナビゲーション的なものの様に思います。

ポジション保有期間が短い事もありますが
システムトレードと比較するとストレスが10分の1以下くらいに感じます。

・・・手前味噌になってしまってすみません。
よい週末をお過ごし下さい。

IMG_0346

-岡三RSS
-, ,

error

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.