パソコンに仕事(株取引とか)を覚えさせて人生を楽しくする為の知恵

自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog

岡三RSS

岡三RSSで自動発注ではOCO注文はないけどもっと便利な「FREPLACEORDER」

更新日:

岡三RSSはExcelから直接、岡三オンライン証券に注文を送れるとても便利なものです。
 
取引ではしばしばOCO注文(利益確定とロスカット、両方の注文)を使いますが、
岡三RSSでの注文関数にOCO注文はありません(汗
 
通常の注文関数であるのは・・

〔岡三RSSでの注文執行条件〕

0:最大指値、1:指値、5:引成、6:不出来最大指値、8:逆指、10:指値(FOK)、11:指値(FAK)、12:成行(FOK)、13:成行(FAK)、14:最良指値、15:最良指値(FOK)、16:最良指値(FAK)、17:SO指値最大、18:SO指値

 
注文の種類の前についている数字は、発注時に執行条件を選択する際の番号です。
 
ではどうするかと言うと、次の手順で注文を組み合わせて疑似OCO注文を作ります。
 
1、建玉が持てたらまず、利食い指値を出しておく
         ↓
2、ロスカットその他の返済条件にかかったら
 「FREPLACEORDER」で注文を瞬時に変更する

 
FREPLACEORDERは発注関数の一つです。
もし、この関数を知らなかったとしたら  注文を一旦取消 → 成り行き注文を出す 、、とかの手順になってしまいますが
それだと注文が執行されるまでの時間が長くかかってしまいますが、これだと瞬時です。 
  
この関数が便利なのは、

・価格をトリガーとする
・時間をトリガーとする
・その他、任意の条件をトリガーとする
  
、、など、様々な「仕組み」を自由に作れるところです。
 
 
これはなかなか便利な関数で、もっと応用方法を考えられるかもしれません  
・・ 例えば
     自動スキャルピング装置とか・・?
 
 
マーケットアナライザー225の完全自動版では下図のようにFREPLACEORDERを使ってます。
 
5193

-岡三RSS
-

error

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.