お知らせ 完全自動売買

〔機能追加〕設定の復元ボタンをつけました

更新日:

ArbiMasterD3、MarketAnalyzerD20に設定の復元ボタンを設置しました(一体型も)

Arbimaster、MarketAnalyzerではシステムファイルのバージョンアップなどの際に、今までの設定数値などを簡単に復元するためのボタンです。

どちらのシステムでもボタンの使い方は同じですので、システムファイル差し替えは下記の手順で行ってください。

1.システムが動作中は必ず「STOP」させる

完全自動発注システムが動作中には必ず「STOP」ボタンで動作を停止させて下さい。

※誤発注などの原因になります。
 

2.現在の設定を保存します

シートsetupに「設定の記録」ボタンを押してください。
記録

このボタンを押すと現行の設定がテキストデータで保存され、ご自身のPCの「ドキュメント」のフォルダに保存されます。

Arbimasterの場合はParameterAB.txt
MarketAnalyzerの場合はParameterMA.txt
Arbi-Analyzerの場合はParameter.txt
というファイルが保存されています

 

3.終了ボタンを押して現行ファイルを閉じます

 

4.差し替えの新しいファイルを開く

 
シートSETUPの「設定の復元」ボタンを押すと設定値が以前のとおりに自動で移植されます。
※取引パスワードだけは復元されませんのでご自身で入力してください。

復元

これで設定の復元は完了です。
 

仕組み

「設定の記録」は、パソコンのDocumentフォルダに設定を記録したテキストファイルが保存します。
「設定の復元」は、Documentフォルダへのパスを検索してファイルを開き、バージョンアップ後のファイルに書き込みします。

最新ファイル

・ArbiMaster_D3.08640
・Arbi_Analyzer_1.4232-10(一体型)
・Market_analyzer_D20.142-5

よろしくお願いします!

Featured post

1

  無料動画Webセミナーを公開しました! 笑って見ていただければ本望でゴザイマス、、 このWebセミナーの概要 世界のあらゆるマーケットでは、超プロによる高速コンピューターによるほぼ「負け ...

2

誰でも無料で使えます NT倍率を使ったサヤトリ投資のごく基本的で一般的なストラテジーの有効性の確認や特性などが判ります。           ※サヤトリベースファイルでArbimasterD3の基本判 ...

-お知らせ, 完全自動売買

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 神の数式研究所 Blog , 2018 AllRights Reserved.