パソコンに仕事(株取引とか)を覚えさせて人生を楽しくする為の知恵

自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog

ArbiMaster D3

ArbiMasterD3 セカンドポジションが持てるようになりました(ナンピン)、またその場合の必要資金は?

更新日:

新年あけましておめでとうございます

ArbimasterD3でセカンドポジションが持てるようになりました。

要はナンピンですが、ナンピン=難平(難を平らにする)という考えとはチト違いますので
2ndポジション(セカンドポジション)としました。
現在ArbimasterD3は含み損状態ですが、

リスクが過度に大きくなる心配は(ほぼ)ありません。

このような場面で、含み損をジッと我慢するのもテではありますが、
リスク相殺されるので、少ない資金でも2ndポジションを持つことが可能です。

チャンスを見つけて、利益を重ねる事も可能なのがNT倍率を使ったサヤトリ投資の良いトコロです。

本日も、設定した利益を獲る場面がありました。

ArbimasterD3で2ndポジションの持たせ方

まず、ArbimasterD3.067以降のファイルをダウンロードします。
(※利用者さん専用です)

「初期設定・損益表」でセカンドポジション「あり」にします。

image155

次に「場中自動」のシートで2ndPosiの部分の利益確定幅などを設定します

image156

図の場面では、
最初のポジションは日経225Mini8枚、TopixLarge1で含み損が15万程度ある状態です。

そのポジションはそのままで
2ndポジションを新たに持たせることによって、設定値だと2万円弱の利益確定を何度か行い
利益を重ねる・・というストラテジーです。

最初のポジションは、
もし、方向判定が逆方向になって2営業日経過しても利益確定にならない場合にはロスカットされます。

また、2ndポジションの新規条件は最初から決めておかずに、
当日の朝、寄り付いてから設定するのも良い方法です。

その場合の必要資金は・・?

NT倍率を使ったサヤトリ投資はリスク相殺されているために、ポジション保有中はわずかな証拠金で済みます。
その為、日経225Mini8枚+TopixLarge1枚の場合には2ndポジションを持つ場合でも120万ほどの資金があれば、2ポジションの保有が可能です。

注意点は・・?

リスクが大きくなる場合も考えられますから、
2ndポジションの含み損が大きくなった場合には、手動決済するなど安全策には十分留意して下さい。

-ArbiMaster D3

error

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買のE-ラーニングサイト ボストークのBlog , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.