岡三RSSを活用した自動売買 日本で唯一の自動売買の学習機関

自動売買義塾 Blog

お知らせ

完全自動発注版マーケットアナライザー225とサヤトリ投資法を同時に使う楽しさ・・とか  Youtubeあります

更新日:

〔お知らせ〕
もうじきマーケットアナライザー225の販売は一旦、終了しますので、ご検討中の方は早めにご利用ください

マーケットアナライザー225

※現在はNT倍率を使ったサヤトリ投資法のファイルのダウンロードは一時休止しております。
、、スミマセン

来週、また再開予定です。   

今日は、マーケットアナライザー225などを使う場合の留意点とか楽しさを書かせてもらおうと思います。

最近は、マーケットアナライザー225とNT倍率を使ったサヤトリ投資法を両方を動かしています。
サヤトリ投資法は売買タイミングが1日4回だけ(日中の寄り・引け&ナイトの寄り・引け)なので、パソコンの前に貼りつく必要はないので、自動発注でなくてもそんなに疲れることはありません。

夜中の3時の取引タイミングは大変なので、ここは未完成ながら自動で動かしています。
また、3時は取引をパスすることもできます。

完全自動発注版マーケットアナライザー225とNT倍率を使ったサヤトリ投資法同じ資金内で両方できます。

マーケットアナライザー225は普通の取引ですが、サヤトリは売りと買いの両方のポジションを持つ取引方法です。・・つまり、保険のかかった取引、、みたいなものなのでリスクが低いわけです。

そこで、両建ての場合には証拠金が少なくて済むようになっています。

パソコンは1台でOK

また、パソコンも1台でOKです。
私は寄り引けの時間はサヤトリ、そのほかの時間はマーケットアナライザー225で動かしてみています。

※この切り替えは自動でできます。

サヤトリでも意外と損益は大きい

下の図は実際の岡三ネットトレーダーライトFの画面です。
Mini5枚でも結構損益が大きいものです。
sayatori1
なので楽しい反面、ロスカットもあるのでサヤトリだからといって慢心は禁物です。

今日の完全自動発注版マーケットアナライザー225は「神がかり」的な動きで現在⁺180円
実際の約定は
+45円幅
⁺130円幅
でスリッページは5円でした(運よく)。

サヤトリを手動で注文を出す方法

モデルが大変に見苦しいですが、動画で解説してみましたのでご覧ください・・・(汗;;

※音声が小さいのでボリュームUPをお願いします(;;

ちょっと長くなりましたが
朝夕だけサヤトリを手動で動かして、日中は完全自動発注でマーケットアナライザー225を動かす・・というのが資金効率が良く、中々楽しいので、これがパターンになりそうです。

-お知らせ
-,

error

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.