サヤトリ

〔活用方法〕 SQ前に翌限月でサイン判定したり、Miniのデータで判定する方法

更新日:

今日はメジャーSQの前日で3月限の取引は今日の15:15が最終です。

3月限から6月限へのロールオーバーは昨日でほぼ完了したんじゃないかと思います。

10時半現在では3月限より6月限の方が出来高が多く、取引の中心が6月限になっていることが解ります。

3120

今日はマーケットアナライザー225での取引は見送りを推奨する日ですが、

理論上、取引するならば6月限のデータを使えばいいのではないかという仮説が浮かびます。

そこで、SQ前などに6月限のデータでサイン判定させる方法とついでにMiniのデータでサイン判定する方法を記載します。

6月限のデータ・Miniのデータでサイン判定させる方法

これはカンタンです。

最新の岡三RSS用のマーケットアナライザー225の場合に
Sheet「SticksN」とSheet「Data」に岡三RSSの関数をセットする個所があります。

これを下記のように

・先物コード N225 → N225mini にするとMiniのデータで判断します
・限月 0 → 1で翌限月でサイン判断します。

3121

※限月を変える時には、SheetSticksNとSheetDataの両方の限月を変更してください。

6月限のデータで動かしてみたところ・・・

あらま!

ご覧の通り、絶好の場所で買いサインを出してくれていました。
(見てただけですが、、)
3123

マーケットアナライザー225の基本アルゴリズムであるNT倍率の特異点理論は、
まだまだ深く研究する余地も価値もあると思います。

受け身になって使うだけではなく、
このようにイロイロ活用・研究していただけるように関数なども全て公開してありますので、この記事も参考にご活用下さい。

限月を変えた場合だとか、
Miniデータを使った場合などの検証はまだまだです、、

Featured post

1

  無料動画Webセミナーを公開しました! 笑って見ていただければ本望でゴザイマス、、 このWebセミナーの概要 世界のあらゆるマーケットでは、超プロによる高速コンピューターによるほぼ「負け ...

2

誰でも無料で使えます NT倍率を使ったサヤトリ投資のごく基本的で一般的なストラテジーの有効性の確認や特性などが判ります。           ※サヤトリベースファイルでArbimasterD3の基本判 ...

-サヤトリ
-, ,

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 神の数式研究所 Blog , 2017 AllRights Reserved.