岡三RSSを活用した自動売買 日本で唯一の自動売買の学習機関

自動売買義塾 Blog

完全自動売買

AnalyzerD20 確定サイン・先行サインの実証途中経過

投稿日:

自動売買義塾のイキナリAUTOに実装されているAnalyzerD20には下記の選択項目があります。

AnalyzerD20は4月中旬まで絶好調でしたが、それからはボチボチです。
それはちょうど、それまで先行サインで使っていたものを確定サインに変更したタイミングに重なります

その特性(判定方法)とメリットデメリットは下表の通りです。

 確定サイン先行サイン
判定15分足の終値リアルタイムデータ
メリットバックテストはこの設定であり、その面で安心感があるより有利な位置でサインが出やすい
デメリット判定が遅くなる場合があり、結果として損失になる場合があるフライング的判断でダマシにかかる場合がある
LIVE中継での表示AnalyzerD20AnalyzerD20b

先行サインの方は歩値がないとバックテストはできないのです。

、、そこで、その実証をしている話をしました

その途中経過を報告します。

5月14日から18日までの実証

※Nはナイトセッション、Dはデイセッション

 確定サイン先行サイン
5/14 N-3,586414
5/15 D-7,086
5/15 N-6,586414
5/16 D-2,586-3,086
5/16 N4,914
5/17 D3,4143,914
5/17 N-4,586
5/18 N3,9144,914
途中経過-5,102-516

しかし、繰り返しになりますが
「先行サイン」の方は歩値までないとバックテストはできません

本日(5月21日)の判定&保有状況
  
本日はこうなってます
  ↓
・確定サイン(AnalyzerD20) 23010新規買い
・先行サイン(AnalyzerD20b) 22975新規買い
 
このままいくと、先行サイン(AnalyzerD20b)の方はこの期間でもプラス収支になりそうです。

 LIVE中継

自動売買初心者の方の中には、バックテストを綿密にしないと納得しない方がいますが
実際の自動売買では目安程度にしかならないことがおおくあります。
 
今回もそんなケースなのかもしれません。

-完全自動売買

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.