岡三RSSを活用した自動売買 日本で唯一の自動売買の学習機関

自動売買義塾 Blog

岡三RSS

TIPS LAST15の活用・応用 

投稿日:

LAST15はユーザーさんに無償で差し上げている自動売買システムです。
※ArbiMasrerD3、Model_1、Marketanalyzerのユーザーさん
 
 
Mini1枚からできて、15分間だけの保有なので気楽であるのと、シンプルながら的を得た方法で過去にオモシロイように儲かった方法を自動化したものです。
 
この活用・応用について記載いたします。

LAST15の成績
 

新規判定の方法・考え方

 
このシステムでは15:00~15:15の時間帯のみの取引で「トレンドの方向」に仕掛けます。

  1. 15:00(注文実行時間の設定時刻)にリアルタイムデータを自動取得します
  2. 上記時刻 対 「前日大引けと当日8:59の平均」との比でサイン判定します
  3. この判定用のデータはTOPIXを使っています

判定に日経225MiniではなくTOPIXを使っているのは、どちらかというとTOPIXの方がマーケットの状態を正しく表すと思われるからです。
 

判定後の動作順

判定後、速やかに新規注文が自動で入りますが、指値 or 最良指値のみ執行方法としているのは、この判定する時間には動きが激しい場合があるので「成行FAK」だと約定が不利な価格になる恐れがあるからです。
 

  1. 15:00(注文実行時間の設定時刻 初期値はその1秒前)にサイン判定がなされます
  2. 予め、注文の執行方法を選択しておきます(指値 or 最良指値)
  3. 「指値」の場合には板の有利な方に自動で新規注文を指値でします
  4. 「最良指値」の場合には板の不利な方に自動で新規注文を指値でします
  5. 上記指値が約定したら「約定価格±利益確定幅」に利益確定指値を自動でします
  6. 指値が約定しない場合、15:11に指値を自動取り消しし大引けで成行FAKで返済注文を入れ直します

この時、建玉を保有後に利益確定の指値をしますがロスカットの逆指値をしないのは下記の理由です

  • 時間が短い(15分間のみ)のでリスク管理はなされていると考えられる。
  • 岡三RSSではOCO注文(利益確定指値とロスカットの逆指値)は関数としてはない
  • この時間には動きが激しい場合があるので動作のタイムロスをリスクと考え簡素な仕組みにしている
  •  

    注文後にご自身で介入しても平気です

     
    今日(12/14)は残念ながら「指値」が約定せず取引はできませんでした。
    なぜならば「指値」にしておいたので約定せずに自動取り消しになってしまったからです。

    もし約定していたら⁺30でした・・はタラレバです 
     
    15:00の板の動きはハゲシイ場合がありますので、成行FAKだと不利な価格で約定してしまうことがあるので指値をする仕組みにしていますが、時には指値を変更したい・・という場合もあります。
     
    その際にはスマホなどの取引ツールや証券会社の注文画面などからご自身で変更してしまって構いません。
     
    注文が入る位置

     

    ネットトレーダーライトFなどなら指値をスライドするだけで指値変更できるので便利です。
     
    指値の変更をしてもその後の処理に影響はありませんが、岡三RSSでは建玉に「メモ」をつけられるので処理すべき建玉をLAST15がちゃんと判ってくれているからです。

     
    参考になさってください❕
     
    来年は様々なツールをユーザーさんが無償でダウンロードできるように提供していく予定です。
     

    〔追記〕
    「最良指値」も指値ですので約定しない場合もあります

     

    -岡三RSS

    この記事はお役に立ちましたか?

    Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.