ArbiMaster D3

サヤトリ投資はリスク相殺されてるので証拠金が少なくて済む・・しかし注意しなきゃいけない事?

投稿日:

日経225MiniとTopixLarge(先物間)のサヤトリでは、リスク相殺されるので証拠金が少なくて済み、資金効率は良いのだ・・と、言われます。
 
証券会社さんのページにはこのように記載があります。

Q:先物取引で異なる商品を両建てをする場合、必要証拠金は相殺されますか?
 
A:一部相殺が可能です。

具体的には双方の証拠金の合計額から、商品間デルタ/スプレッド比率、スプレッドクレジットレートを考慮した額が減額されます。

、以下、略・・・汗

ええ~いっ!何のこっちゃ!!?・・と普通はなってしまう計算式が出てきますが、確かに証拠金は少なくて済みます。
 

サヤ取りの必要証拠金が相殺される・・とは?

ムズカシイ話は省略しまして、、、
 
ArbiMasterD3などが行う日経225MiniとTopix(先物間)のサヤ取りでは、新規にポジションを建てる際には通常の証拠金が必要ですが、両建て中は少ない証拠金でOK・・です。

ちなみに、日経225MiniとTopixだけではなく、日経225Miniとマザーズ先物でも証拠金の相殺が可能です
 

実際にどれほど必要証拠金が相殺されるか?

 
2017年4月現在では、日経225Mini8枚+TopixLarge1枚(比率では8:10)のサヤトリが良いバランスのサヤトリです。
10:10のバランスにしてしまうとこんな具合に(↓)バランスが悪くなってしまうのです(約定代金を揃える)。

 
日経225Mini8枚とTopixLarge1枚をセットにした場合の新規建て時の証拠金は1,304,000円(2017年4月18日現在)

  • 日経225Mini1枚 必要証拠金82,800円 8枚だと656,000円
  • TopixLarge1枚  必要証拠金648,000円
  • 必要証拠金 合計 1,304,000円

 

両建て(サヤトリ)時の最低維持証拠金は117,062円になる(2017年4月18日現在)
 
今現在、私のArbiMasterD3で保有しているポジションは3つ(D3ストラテジー、D4ストラテジー、手動発注)で全てN買T売ポジションです。
 
この場合でも、3ポジション合わせて最低維持証拠金は351,187円です。

 

しかし、証拠金に余裕があっても余計に建玉を持っちゃダメ!

よって資金を200万円口座に入れたとして、3ポジション(延べ日経225Mini24枚とTopixLarge3枚)を持っても、証拠金には相当ゆとりがあります。
 
しかし、
だからと言って、余裕のあるように見える証拠金で日経225Miniの裁量トレードなどをやってしまうと大変困ったことになってしまいます。
 
何かというと、
ギリギリまで証拠金を使ってしまうと、いざArbiMasterD3が利益確定をしようとした時に「証拠金不足」で決済できない!!?なんてことになってしまいかねません。
 
何故なら、決済時には瞬間的に両建て状態が外れるので、新規時と同じ証拠金が無いとダメなのです。
 

もし口座に200万円を入れて、ArbiMasterD3でサヤ取りだけするのであれば5ポジションほど持つことも可能です。
 
今後も使用可能ストラテジーを増やし、今よりますます効率的な自動売買ができるようにしていきますが、通常のデイトレードほどは“刺激”はありません。

なのでユーザーさんよっては、見た目上の余裕が思ったよりある気がして「余計なコト」をしてしまうケースもあるので、気を緩めないように注意が必要なのであります。
 

Featured post

1

  無料動画Webセミナーを公開しました! 笑って見ていただければ本望でゴザイマス、、 このWebセミナーの概要 世界のあらゆるマーケットでは、超プロによる高速コンピューターによるほぼ「負け ...

2

誰でも無料で使えます NT倍率を使ったサヤトリ投資のごく基本的で一般的なストラテジーの有効性の確認や特性などが判ります。           ※サヤトリベースファイルでArbimasterD3の基本判 ...

-ArbiMaster D3

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 神の数式研究所 Blog , 2017 AllRights Reserved.