365日で資金を倍にする岡三RSSを活用した自動売買のスタートアップ

自動売買義塾 Blog

ログハウス 勉強会

How to 薪ストーブ着火の儀 シカ肉の直火焼

更新日:

おはようございます。

長野県松本市でも私のログハウスの辺りは一段と寒いトコロです。

朝は−7度とか普通で、−13度とかもあります。
午前中は寒いので、スタッフや皆さんが気持ちよく過ごせるように薪ストーブで暖めておきます。

これはスイッチポンじゃないので、チト大変です。

How to 薪ストーブ着火の儀

まず、前日の灰をキレイにします。
これは下にトレーみたいのがあるので、そこに落とすだけで大丈夫。
トレーが一杯になったら外の畑みたいな所に灰を棄てます。

次に、新聞紙をクチャクチャにしてダンボール紙をチョイと載せ、
その上にまず、着火性の良い針葉樹の薪を乗せます。

これで新聞紙に火をつけて蓋を閉じれば、着火の儀 完了です。

シカ肉の直火焼

先日の勉強会には超自由人投資家のHさんが、獲ったシカの肉を持ってきてくださったので、
薪ストーブの直火で焼いて、美味しく頂きました。

おーっ!
見た目も美味しそうー

味付けは赤ワインと塩コショウだけです。
野生の肉なのにくさみも無く、程良い歯ごたえで美味しく楽しく頂きました。

冬場の勉強会では、
しばしば薪ストーブ料理をオヤツ(?)に準備したりもしています。

良い週末をお過ごしください!

-ログハウス, 勉強会

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.