MarketAnalyzer D20

LIVE放送(マーケットアナライザー225)画面の各部位の解説です

更新日:

マーケットアナライザー225のLive放送は現在、誰でも見れるようになってます。

そいえば(汗、
この画面の各部位の解説をしてなかったので、、図解しました。
 
LIVE放送はここをクリックすると見れます
 

LIVE放送 画面の各部位の解説

LIVE放送画面を開くと下記のような画面が表示されます。
これは実際の動作からほんの2秒遅れほどのリアルタイム表示です。

analykaigif
 
1)損益
 
これは当日の損益です。画面では新規「買い」の状態でまだ決済してないの損益は「0」になってます
参考・・と書いてあるのは、基本的には完全自動発注版マーケットアナライザー225は「指値」で入りますが、ロスカットなどの際は「成行」ですので、その場合の約定値は板状況などによって変わってくるので参考と記載しています。
 
2)現在のサイン
 
これは文字通り、サインを表示している箇所です
 
3)エントリー価格
 
システム上の新規買い(又は売り)の価格水準を表示しています。
マーケットアナライザー225の自動発注では新規建ては「指値」ですが、初期設定ではこの価格から±5円の幅を持たせた価格で「指値」をするようにしています。
これは、指値が約定しないことで取引機会を喪失してしまうことを防ぐためです。
 
4)1分足チャート(始値表示)
 
1分足の始値をチャートで表示しています。始値で描画させているのは、マーケットアナライザー225は1分足の始値でサイン判定をしているためです。
 
5)新規買いをしたトコロ
 
新規買いは赤のマル、返済は小さなマル。新規売りは青のマル、返済は小さなマルで表示させています。
 
6)価格など(Mini)
 
日経225Miniの現在価格、板状況の出あい部分を表示しています。
 
パラメータ部分
 
ピンクのセルはユーザーさんが自由に設定できる箇所です。
・サイン発生頻度
・利益確定幅/ロスカット幅

、、などを設定できます。ロスカットは現在120円幅になっていますが、これにかかわらずマーケットバランスが逆方向に変化したときは小幅でもロスカットされます。
 
データ&計算部分
 
リアルタイムの1分足データを取り込み、サイン判定している計算部分です

よろしくお願いします!

Featured post

1

  無料動画Webセミナーを公開しました! 笑って見ていただければ本望でゴザイマス、、 このWebセミナーの概要 世界のあらゆるマーケットでは、超プロによる高速コンピューターによるほぼ「負け ...

2

誰でも無料で使えます NT倍率を使ったサヤトリ投資のごく基本的で一般的なストラテジーの有効性の確認や特性などが判ります。           ※サヤトリベースファイルでArbimasterD3の基本判 ...

-MarketAnalyzer D20
-, ,

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 神の数式研究所 Blog , 2018 AllRights Reserved.