岡三RSSを活用した自動売買 日本で唯一の自動売買の学習機関

自動売買義塾 Blog

MarketAnalyzer D20

追記:スキャルピング専用機の使い方

更新日:

本日、スキャルピング専用機の生(ナマ)放送をご覧いただいている方も少なくないと思うのですが
想像以上に沢山の方が、
この手の超短期トレードにご関心を持ってくださってビックリしました。
メールを下さった皆さん、ありがとうございました。

スキャルピング専用機の説明を追記したいと思います。

まず前提としまして、
 
スキャルピング専用機は、「売り」か「買い」のエントリータイミングを教えてくれるモノです。例えるなら、ピアニストの為のメトロノームみたいなモノです
 
メトロノームはチッコチッコ動いてリズムを教えてれますが
マーケットアナライザー225のスキャルピング専用機は、ごく短期の「売り」「買い」のエントリータイミングを高い精度で教えてくれます。

ピアノを弾くのはメトロノームではなくて自分です(私は弾けませんが、、)
スキャルピング専用機では取引するのは私たちです。
 
ですので、ピアノを上達を努力するように取引作業が上達するように努力が必要です
 
・・でも、ピアノよりはるかに簡単だと思います。
 
サインに粛々と従うだけ・・みたいな稚拙なものではないので注意して下さい
 
取引作業に慣れる・上達するように心がけて下さい。

スキャルピング専用機の見方

サイン判定は基本的にはLargeのデータを使い、取引はMiniです。
各部位はこうなってます

scal4

利食いが完了する値幅の動きがあったら下記のように「Buy」とかの部位が「○」に変化し、
ロスカットにかかる値幅の動きがあったら「×」になります。

但し、スキャルピング専用機は新規建てのタイミングを教えるものですので、この○×は参考程度にして下さい。Exitは人間様の判断もある程度必要です。

scal5

新規建て

サイン発生があったら音と文字で知らせてくれます。
その後に「板注文ツール」などで指値でエントリーします。

利食い・ロスカット

初期設定では利食い15円 ロスカット-30円です。
これは松井証券の返済予約注文がイイですが、板注文ツールであれば利食いを指しておいて、ヤバそうならスライドして変更・・でOKです。

利食い百人力!
です

思った価格で新規建てできない時は・・

そういう時は無理に高値や安値を追いかけると失敗しがちです。

スキャルピング専用機だとサインはいくらでも出ますので、
慌てずに次のサインを待ちます。

かといって、ピッタリ「参考仕掛値」で入るのが良いわけではありません。
5円ほどは不利な価格でもあまり躊躇しないで入り、その後の利益確定を優先するスタンスで・・。

その他

取引作業の上達にコミットが必要ですが、誰でもできる程度の難易度だと思います。

それよか難しいのは
欲どおしい自分との戦いみたいな・・(汗

ご質問があればコメントでもメールでも結構ですのでよろしくお願いします

-MarketAnalyzer D20
-, , ,

この記事はお役に立ちましたか?

Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.