岡三RSSを活用した自動売買 日本で唯一の自動売買の学習機関

自動売買義塾 Blog

MarketAnalyzer D20

MarketAnalyzerD20に若干の変更があります

投稿日:

MarketAnalyzerD20の動作部分に若干変更を施しました。
 
7月19日の新J-GATE以降、成績が不安定な感がありましたので、検証・作り込みを再度行いました。

新J-Gate後に加えた動作制御が、結果的に良くなかったと思われましたので、
それ以前のバージョンにトレーリングストップを加えた動作になっています。

成績の記載ページに記録してなかったのは、検証・動作検証・ファイルの作り込みをしていたためです。
  ↓   ↓
成績記載のページ
 
 
〔最新ファイル〕
・MarketAnalyzerD20.22
・Arbi_Analyzer_1.4232-22(一体型)
 
・検証ファイル2015年、2016年は MarketAnalyzerD20のダウンロードページから可能です
 
  
変更点・修正点

  • 新J-Gate前の成績の良かった方程式にトレーリングストップ機能を加えたものにしました
  • 売りと買いを両方保有もあります
  • バックテストファイルを準備しました
  • 「判定用データ」に日経225Largeを使用しています(売買はMiniです)
  •  ↓  ↓
    動作の解説ページ

    売買は日経225Miniなのに判定用データ何故Largeかというと
    日経225先物iとTopix先物ではTopixの方がマーケットの状態を忠実に表すといわれています
    日経225の方が思惑・アルゴなどによるノイズが多いのですが、Largeよりも日経225Miniの方がノイズが多いと思われます。

    よって、Largeを使用していましたが、新J-gate後に初期設定でMiniのままになってしまっていました。

    -MarketAnalyzer D20

    この記事はお役に立ちましたか?

    Copyright© 自動売買義塾 Blog , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.